スタッフ紹介

中村 啓則 院長

患者さんの悩みに添える技術、サービスを提案しています

副院長 中村 啓則

 長野県岡谷市生まれ。東京の有名接骨院で修業しながら、同時に患者目線からも多くの治療院、整体院を見てきました。
 昨今、患者さんの訴える症状を差し置いて、とにかく「骨盤矯正」「〇〇整体」を提供するといった「施術法に患者さんを当てはめる治療」を提供する治療院が増えているように思います。
 
「骨盤矯正」も「整体法」も一番結果が出るのは、「患者さんの症状と原因にぴったり合った場合」です。

 地元岡谷市に戻り、岡谷市民整骨院で、副院長として働く中で、やはり患者さんの信頼と厚さと治療家として何を提供するべきかを故郷にすむ方たちに教えていただいたように思います。

「痛みが強い段階」と「痛みが麻痺して、しびれている段階」「治りかけで、痛みが和らぎつつある段階」で、カラダに必要な施術もケア方法も変わる。
だからこそ、松本元気整骨院では、患者さん一人一人の症状をしっかり聞くことを心掛けています。不安を抱えている患者さんに選ばれるために、 技術、サービス、施術など、目の前の患者さんにとって、本当に必要なものを提供してゆきたいと考えます。

副院長